外反母趾手術のビフォーアフター、爪真菌症(爪白癬、爪カンジタ症など)のレーザー治療も

アメリカのジョージア州コロンバスの足病科クリニック「ドクター・アサンテ」は、バニオン(外反母趾に伴う第1中足趾関節の腫脹)の手術のビフォーアフター画像をHPで公開しています。

ドクター・アサンテのもうひとつの「売り」はSCION(サイオン)と呼ばれるクリアセンス・レーザー治療です。爪白癬、爪カンジタ症などの爪真菌症を治療する決定的な方法として評価が高まっているようです。

あなたも早速アトランタに飛んでレンタカーをしてコロンバスのクリニックに行ってはいかが?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です