haruka のすべての投稿

男性の妊娠と出産のビフォーアフター

妊娠と出産は女性だけの特権?いいえ、実は男性も妊娠が可能です。まだ動物実験だけで人間での実施例は無いようですが、体外受精の受精卵を男性のお腹に移植するそうです。男性の妊娠と出版について最近出版された本があります。

image

男性が妊娠・出産する世界

種を明かせば、これはフィクションです。主人公が妊娠・出産する様子が主人公の目線で詳細かつリアルに描かれており、お勧めです。ちなみに、男性が妊娠・出産する世の中では極端な女性上位となっているようです。

マツコ・デラックスを激ヤセさせて美女に変身させた実際の手順(動画)

マツコ・デラックスが激ヤセしてゴージャス美人に!という記事は非常にショッキングでしたが、あの画像は日本で最も多くの人が見た有名な激ヤセ画像になったのではないでしょうか? Adobe Photoshopというソフトを使ったCG、というか、画像修正なのですが、実際にどのような方法・手順で画像修正したのかを以下の動画で詳しく見ることができます。

私もやってみましたが、全然ダメでした。Adobe Photoshopというソフトは非常に難しく、使いこなすのに時間がかかります。マツコ・デラックスをこんなに変身させられるだけのテクニックを身に着けるには何年もかかりそうです。

普通の女性でも絶世の美女に変身できる!目は大きく、足は細く長く、顔の形も完璧に!

元々綺麗なモデルですが、凄い大変身で理想のボディの絶世の美女に簡単に変身してしまいました。このテクニックを使えば、あなたも、手足を長くほっそりと、目は大きくぱっちりと、顔の形も理想的に、完全大変身!お見合い写真なんて無意味になりますね。

最近、Twitterで知らない人から毎日のようにフォロー通知が届きますが、プロフィール写真の殆どは20代前半の美女です!!

Twitterで新設されるアカウントの大半が「フェイク」すなわち実在しない人格でビジネスのために(ツイートを受け取ってくれる相手の人数を増やすために)作られていて、ツイートの大半がロボットによるものである、ということの証拠といえるのでしょうか?

でも、Twitterの世界と同じような人口比率で、人口の大半が20代前半の美女になったら、女性はすみにくく(男性はすみやすく)なるでしょうね・・・・

話題を上記の動画に戻すと、これはAdobe Photoshopを使うと、モデルの写真をどんなに簡単に美女に変身させられるかを、世の中の人に知ってもらうために作られたものです。

Adobe Photoshopの宣伝動画というよりも、世の中の人に騙されないように警告する意味合いが強いようです。

上記の動画は「ボディ編」ですが、「フェイス編」もあります。ごく普通の女性が、メイクアップアーティスト+ヘアスタイリスト+Adobe Photoshopによって、絶世の美女として大看板の写真になる様子を見ることができます。

この動画は埋め込みが許可されていないので、以下のリンクをクリックしてYouTubeのサイトでご覧ください。

https://www.youtube.com/watch?v=iYhCn0jf46U

Megan Foxを大変身させたPHOTOSHOP

photoshop

アメリカのセレブ、Megan Fox(ミーガン・フォックス)の大変身ビフォーアフターです。

Megan Foxは最近は「トランスフォーマー」の女優として有名ですが、男性誌FHMで「世界で最もセクシーな女性」の1位に選ばれたこともある生粋の美女です。

でも、アメリカの美女の大半は、肌の美しさにおいて東洋の女性の足下に及びません。

HDでアップにすると、かなりの肌荒れが目立ちますね!

その百難を隠してMegan Foxを大変身させたのがPhotoshop!

Adobe Photoshopですよ。

本人に変化は起きませんが、やはりセレブは画像の美しさがポイントですから・・・

体重の60%を失った女性を勝利者と呼べますか?米NBCの話題の特番

アメリカのNBCテレビで毎年「The Biggest Loser」という特番をやっています。Loserとは「敗者」という意味ですから、「最大の敗者」という惨めさを競う番組かと思いきや、実はWeight LossのLoserすなわち体重をどれだけ減らしたかを競う番組なのです。「最大の敗者」がその番組の「勝利者」である、というダジャレ番組なわけですね。

第15回(Season 15)の「最大の敗者」というか勝利者はRachel Fredericksonさん。このレイチェルは何と155ポンド(70.3kg)の減量に成功し、原料部分が体重の60%にあたるとのことです。現在の体重は47.6kgということになります。

117.2kg ==> 47.6kg

ナント!超デブがモデル体型ですね!身長が何センチか不明ですがアメリカ人女性でこの写真ですから170センチくらいありそうに見えます。

この番組は人気番組なので、アメリカでは体重の60%を失うような原料は不健康の極みではないか、との論争が湧き起っているとか。そうですよね、きっとお腹の皮膚なんかはシワシワで手術する必要がある可能性も無きにしも非ずかも。

でもレイチェル自身は非常に健康で、そんな論争を吹き飛ばしています。

レイチェルによると「今はメンテナンスモードなの。」とのことです。減量を始める以前の生活習慣を体が覚えているので、そうさせないようにするのが非常に大変なのです。

減量を通して学んだことは自分自身に内面の強さがあるということで、「こうしよう」ということを実行できるということが分かり、自分への信頼が出てきたそうです。以前は自分をそんなに信頼できていなかったとのこと。

「大事なことは、実に単純で、毎週、外観を含めた自分のイメージをはっきりと心に描くということ。あなたの姿は一生そのイメージの通りなんだから、そう思うと自分を受け入れて愛することができるの。」

日本でも女優などの減量をネタにした番組はときどき見かけますが、一般視聴者がエントリーして減量を競うような番組はほとんど見かけません。そのプロセスや努力をシェアしてもらえるような番組なら見たいと思いませんか?但し、日本にはデブと言ってもアメリカほどの超おデブは少ないですから、そんなに迫力のあるコンペティションにはならないかも知れませんね。

同性愛で悩んだタイの少年は家出して、こんな美女になった!驚嘆の女性化手術のビフォー・アフター

wave

少女が成長して女になる時期。持って生まれた美しさがふくよかに開花し、フェロモンが恥じらいがちに発散します。

この写真のウェイブちゃんは、まさにそんな時期の女性です。

壊れそうなまでに細くしなやかなウェストと、フワフワのオッパイが、まだ「少女」を抜けきれない顔とアンバランスに調和していて、それが彼女の魅力を引き立たせています。

彼女がこんな目であなたを直視した時、あなたの中にどんな感情が生まれるでしょうか?

美しい目の奥に透けて見える色香。

どんなポーズをとってもウェイブちゃんは自分の可愛さと少女らしい色香を表現するのには事欠きません。

でも、彼女のここまでの道のりは決して平坦ではなかったのです。彼女はこの少女らしい美しさを「自分で稼いで手に入れた」のです。

彼女は自分が男性の体に生まれたのに、男性しか愛せないことに気付いて悩みました。16歳の時に家出をして、働き、働き、働き、数えきれないほどの回数の手術を受けて、このように美しい少女~女性の肉体を手に入れたのです。

彼女のFacebookのプロフィール蘭には彼女が受けた美容整形手術について詳述されています。残念ながらそれはタイ語のため翻訳が困難であり、機械翻訳で何とか意味を取ろうとトライしてみました。括弧内が手術費用で、1バーツは3.3円ですので、お金を貯めては当初数万円でできることから始め、着々と前進していったことがわかります。

  1. ドローン(15,000バーツ)
  2. 眼瞼形成(6,000バーツ)
  3. Invisalign(45,000バーツ)
  4. 口(35,000バーツ)
  5. 鼻の矯正(12,000バーツ)
  6. シルク・ボトックス(コスト不明)
  7. 脂肪吸引(16,000バーツ)
  8. 額を上げる手術(35,000バーツ)
  9. 口蓋(35,000バーツ)
  10. 鼻の矯正2回目(17,900バーツ)
  11. 脂肪除去(手術)(35,000バーツ)
  12. 脂肪吸引(150,000バーツ?)
  13. 乳房形成(87,900)
  14. 乳房形成その2(200,000バーツ)
  15. 顔・額の脂肪注入(65,000バーツ)
  16. 頬のボトックス4~6回分(100,000バーツ)
  17. 顎(35,000.- バーツ)
  18. 額の充填2回目(62,000バーツ)
  19. 下肢・腹部、詳細不明(15,000バーツ)
  20. 鼻(60,000バーツ)

女性化のための手術というよりは、乳房形成以外は全て美容整形手術の内容です。ということは、性転換手術は、今後の課題といえると考えられます。ここまで美しくなって有名になれば、タイでの性転換手術のコストは100万円未満ですから、彼女にとっては大した問題ではないといえそうです。

wave2
手術する前の顔はどんなだったの?

今となってはどうでもよいことのような気がします。以下の彼女は写真通りの女性なのですから。でも、彼女自身がFacebookで昔の写真を公開しているのでそのままシェアしましょう。

wave3

丸刈りに近い短髪で、固太りの少年、日本にもどこにでもいそうな腕白坊主ですね!

ここまでの変身はタイでも話題になっており、近々Weeknight Showというテレビ番組で放映されるとの話があるそうです。

クラウドからのヌード画像流出で大騒ぎになっているジェニファー・ローレンスは小顔・小柄で若くなったみたい!

jenniferlawrence

クラウド・サービスからヌード画像が流出したとして大騒ぎになっていますが、アメリカのセレブJennifer Lawrence(ジェニファー・ローレンス)のビフォーアフターです。

一見して、右の写真は縮小写真かな、と思いませんでしたか?いいえ、画面に定規をあてて骨格の長さを測定すると、画像が縮小されていないことがわかります。

ジェニファー・ローレンスの身体が、すらりとした長さはそのままで、一回り小さくなってる!!

特にウェストから太ももにかけては二回りも小さくなっていて、ゴージャスな腰回りが華奢で可愛い腰回りになりました。

四十代から二十代に若返った感じ!

ひょっとして、左右方向に画像を縮小したんじゃないの?と疑って、骨格のポイントに定規をあてると、画像縮小は全くないことが分かりました。

このジェニファー・ローレンスの写真の出典(Scoopla Style)にはダイエットとかビフォーアフターの状況についての解説が全くついていなかったので、詳細は不明です。

ただ明らかなのは、ダイエットが成功すると、一回り小顔で小柄な女性にガラリと変身できるということです。(身長はそのまま!)

ビフォーのゴージャスボディでも十二分に羨ましいんですけど、アフターのボディには本当に憧れますよね!!

(脚注)この記事は8月27日に書いたものですが、たまたまジェニファー・ローレンスのヌード画像流出騒ぎが米国で9月2日に大騒ぎになりました。記事の冒頭部分を、その旨が分かるように編集したものです。

30年前の豊胸手術インプラントが惨めな形に、再手術のビフォー・アフター

アメリカの「Botched」というテレビショーがあります。

Bothcedとは「やり損った」という意味で、以下のお話しは、30年前の豊胸手術が(当時はよかったのですが)、年月を経て惨めな形になってしまったのを修復するものです。

上記の画像は往年のスーパーモデルのジャニス・ディッキンソンの再手術のビフォー・アフター画像です。

インプラントが変形し、波打って、乳房もひどい形になってしまいました。これを修復するのは、高度な技術を要する手術なのです。

というのは30年間を経て、変形して波打ったインプラントが体の一部になっており、簡単に取り出せるものではありません。浸潤した腫瘍を切除する手術と同じく、精密な技巧が要求されるのです。

この良性腫瘍と同じ「組織」を取り出してから、新しいインプラントを入れるという手術になります。

この手術を実施したのはベバリーヒルズの名医、テリー・ダブロー医師とポール・ナッシフ医師です。

左側のビフォーはアフリカ土人のように垂れ下がった、しかも変形した乳ですが、右側のモデルの胸になったジャニスの嬉しそうな笑顔をご覧ください。

デミ・ムーアの整形疑惑ビフォーアフター

デミ・ムーアのファンの方はこの整形疑惑ビフォーアフターのページは見ないほうがよろしいですよ。

デミ・ムーアは49才になりましたが、顔、首、胸、ウェスト、ヒップ、どこをとってもせいぜい40台前半という若さを保っていますね。

デミ・ムーア本人は、ヨガを中心としたエクササイズや美しくなるための心構えのおかげであると言っており、整形手術については完全に否定しているようです。

しかし、若いころから画像や動画が山のように残っている超有名女優にとって、その疑惑を否定するのは相当難しそうです。

まず、豊胸手術。バストアップエクササイズだけでは無理でしょう。

脂肪吸引は、ヒップ、腹部、唇を実施したとの噂。

ケミカルピーリング、これは整形手術じゃないですね。

ボトックスの効果も明らか。これも、今の世の中では整形手術には入りません。

フェイスリフトは額の部分(特に眉の部分)をやった模様。

鼻の形が変化しています(幅が狭く、小さくなっているようです)

私たちも、お金があるなら、もっと自分につぎ込むべきだ!

でも、何千万円つぎこんでスーパーモデルの蝋人形のように美しくなっても、デミ・ムーアと同等の魅力を手に入れられるわけではありません。外見と総合的魅力とは別物ですから!

外反母趾手術のビフォーアフター、爪真菌症(爪白癬、爪カンジタ症など)のレーザー治療も

アメリカのジョージア州コロンバスの足病科クリニック「ドクター・アサンテ」は、バニオン(外反母趾に伴う第1中足趾関節の腫脹)の手術のビフォーアフター画像をHPで公開しています。

ドクター・アサンテのもうひとつの「売り」はSCION(サイオン)と呼ばれるクリアセンス・レーザー治療です。爪白癬、爪カンジタ症などの爪真菌症を治療する決定的な方法として評価が高まっているようです。

あなたも早速アトランタに飛んでレンタカーをしてコロンバスのクリニックに行ってはいかが?