カテゴリー別アーカイブ: ダイエット

体重の60%を失った女性を勝利者と呼べますか?米NBCの話題の特番

アメリカのNBCテレビで毎年「The Biggest Loser」という特番をやっています。Loserとは「敗者」という意味ですから、「最大の敗者」という惨めさを競う番組かと思いきや、実はWeight LossのLoserすなわち体重をどれだけ減らしたかを競う番組なのです。「最大の敗者」がその番組の「勝利者」である、というダジャレ番組なわけですね。

第15回(Season 15)の「最大の敗者」というか勝利者はRachel Fredericksonさん。このレイチェルは何と155ポンド(70.3kg)の減量に成功し、原料部分が体重の60%にあたるとのことです。現在の体重は47.6kgということになります。

117.2kg ==> 47.6kg

ナント!超デブがモデル体型ですね!身長が何センチか不明ですがアメリカ人女性でこの写真ですから170センチくらいありそうに見えます。

この番組は人気番組なので、アメリカでは体重の60%を失うような原料は不健康の極みではないか、との論争が湧き起っているとか。そうですよね、きっとお腹の皮膚なんかはシワシワで手術する必要がある可能性も無きにしも非ずかも。

でもレイチェル自身は非常に健康で、そんな論争を吹き飛ばしています。

レイチェルによると「今はメンテナンスモードなの。」とのことです。減量を始める以前の生活習慣を体が覚えているので、そうさせないようにするのが非常に大変なのです。

減量を通して学んだことは自分自身に内面の強さがあるということで、「こうしよう」ということを実行できるということが分かり、自分への信頼が出てきたそうです。以前は自分をそんなに信頼できていなかったとのこと。

「大事なことは、実に単純で、毎週、外観を含めた自分のイメージをはっきりと心に描くということ。あなたの姿は一生そのイメージの通りなんだから、そう思うと自分を受け入れて愛することができるの。」

日本でも女優などの減量をネタにした番組はときどき見かけますが、一般視聴者がエントリーして減量を競うような番組はほとんど見かけません。そのプロセスや努力をシェアしてもらえるような番組なら見たいと思いませんか?但し、日本にはデブと言ってもアメリカほどの超おデブは少ないですから、そんなに迫力のあるコンペティションにはならないかも知れませんね。

クラウドからのヌード画像流出で大騒ぎになっているジェニファー・ローレンスは小顔・小柄で若くなったみたい!

jenniferlawrence

クラウド・サービスからヌード画像が流出したとして大騒ぎになっていますが、アメリカのセレブJennifer Lawrence(ジェニファー・ローレンス)のビフォーアフターです。

一見して、右の写真は縮小写真かな、と思いませんでしたか?いいえ、画面に定規をあてて骨格の長さを測定すると、画像が縮小されていないことがわかります。

ジェニファー・ローレンスの身体が、すらりとした長さはそのままで、一回り小さくなってる!!

特にウェストから太ももにかけては二回りも小さくなっていて、ゴージャスな腰回りが華奢で可愛い腰回りになりました。

四十代から二十代に若返った感じ!

ひょっとして、左右方向に画像を縮小したんじゃないの?と疑って、骨格のポイントに定規をあてると、画像縮小は全くないことが分かりました。

このジェニファー・ローレンスの写真の出典(Scoopla Style)にはダイエットとかビフォーアフターの状況についての解説が全くついていなかったので、詳細は不明です。

ただ明らかなのは、ダイエットが成功すると、一回り小顔で小柄な女性にガラリと変身できるということです。(身長はそのまま!)

ビフォーのゴージャスボディでも十二分に羨ましいんですけど、アフターのボディには本当に憧れますよね!!

(脚注)この記事は8月27日に書いたものですが、たまたまジェニファー・ローレンスのヌード画像流出騒ぎが米国で9月2日に大騒ぎになりました。記事の冒頭部分を、その旨が分かるように編集したものです。

忙しい40才公務員がやっと自分に合ったダイエットプログラムに出会った

 アメリカの40歳の一般女性、ベッカさんのダイエット成功ビフォー・アフター画像です。

公務員をしているベッカは、仕事で一日中フラストレートしていて、ダイエットが遅々として進まないことで、ダイエット自体に対しても幻想が崩れたというか、いやけが差し始めていました。

しかし、正しいダイエットプログラムに出会って、6か月で7キロも落とすことができたのです。

「どのくらい食べて、どのくらい運動したらよいのか、今はもうちゃんとわかったの。」

短時間で筋力の負荷を上げたウェイトリフティングを今は好きになったということです。

「以前とは別の人間になったように感じているわ。」

久々に会う人は自分だと気づいてくれないほどのダイエット大成功

一般女性35歳の二コラのビフォー・アフター。何度も何度もダイエットに挑戦しては失敗した二コラの場合は、毎日都会のオフィスに通勤して長時間勤務していて、スリムで均整の取れたボディを手に入れることは殆ど諦めかけていました。ある時に一念発起してダイエットに取り組んだのです。

知人が「あなた、本当に二コラなの?」と驚きます。洋服のサイズは3段階小さくなりました。自分が想像していたのをはるかに超えて身体が変わったのです。

「久しぶりにあった人は私だと気づかないのよ。」

子育てしながらフルタイムの仕事を持つ母親のダイエット

5 of 8 Shelley, 43  アメリカの43歳の一般女性シェリーは、子育てしながらフルタイムの仕事をしているので、ダイエットの時間を作るにはクリエイティブになる必要がありました。

毎日ではありませんが、朝5時に起きて子供たちが起きてくる前にエクササイズしました。でもそのかいはありました。

「下の子を産んですぐに始めればよかったんだけど。」

「もうデブはうんざり」とダイエットして8キロ減量した博士課程の学生

 キャットさんは26歳の一般人で博士課程の学生です。

「もうデブはウンザリ」

と一念発起して自分に合ったダイエットプログラムを探しまくり、オンラインダイエットプロジェクトに参加して8キロのダイエットに成功。

「もっとやせるつもりよ。やる気になればできることはわかってるんだから。」

夏にビキニが着られるよう1月からダイエットプログラムを開始して大成功

Chantal, 32 Chantal, 32

32歳の一般女性。12週間のダイエットプログラムのビフォー・アフター画像。夏にビキニを着られるよう、1月にダイエットを開始して見事成功。「初めて自分に自信が持てたし、ビキニを着てこんなに素晴らしい気持ちになれるのも初めてよ。」

出産後4か月でダイエットプログラムを開始し12週間後にこんなにスリムに!

 34才のローレンは出産の数か月後に赤ちゃんが入っているようなお腹を引っ込めようと決意しました。ローレンに合ったダイエットプログラムを開始して12週間後に、その通りに達成できたのです。

「出産4か月後にプログラムを開始したの。出産前にもエクササイズはやっていたけど、自分に合ったプログラムに出会ったことがキーになったわ。会う人はみんな、私がこんなに早くスリムになったことにびっくりしてる。」

リバウンドが克服できるかどうかはマインドセット次第

タッシュ・ハリソンは2008年に114キロだったのを2010年6月までに98キロまで落としました。

「10歳のころからずっとデブだったの。初めて男性と関係を持った時にはストレスで体重が増えたわ。彼と別れてひとりになってから週5回ジムに通って食事は少ししか食べないようにしたの。それで1年余りで48キロのダイエットに成功した。みんなから痩せすぎだといわれた。5年後には落とした体重のかなりの部分を取り戻して、ジム通いを再開したの。でも少ししか体重が落ちなかった。真剣さが足りなかったのね。」

その後もさまざまなダイエットに取り組んでいますが、なかなかうまくいかないようです。

これはダイエットに成功してリバウンドする人たちに共通することですが、「食べたいという衝動」がぶり返したときに甘いものやチョコレートをつい口にしてしまったりすることで、ダイエットへの姿勢が崩れ始める。

心理学者によると「マインドセット」がポイントとのことです。

マインドセットとは、人の意識や心理状態は一面的なとらえ方はできず、多面的に見てセットしたものがマインドの全体像を表しているということです。

意識や心理状態を健康でスリムな人と同じにすることができれば、体質も変わるということのようです。

ケリー・オズボーン(Kelly Osbourne)は20キロダイエット

ケリー・オズボーンは麻薬中毒で過去に3度リハビリ経験がありますが「麻薬中毒よりもひどいデブ中毒だったわ」と言っているとか。

ダイエットは健康的かつまっとうにエクササイズを欠かさず行い、食事は分量を守ることでやり遂げたとのこと。

「鏡を見ることが誇りよ。以前は、鏡を見るたびに、どうして私はあの女性のような姿になれないかしらと、鏡に見えるものすべてを憎んでた。もうそんな必要はないわ。」

ケリー・オズボーンKelly Lee Osbourneは1984年10月27日英国生まれのシンガーソングライター・女優でファッションデザイナーでもある。オッジー・オズボーン(父)、シャロン・オズボーン(母)の娘として活躍し、家族は2002年にエミー賞を獲得。ケリーは「E’s Fashion Police」のパネリストとしても有名。