スカートの男たち:ビフォーは男性の僕、アフターはスカート男性の僕

スカートの男たち
ここで:
ビフォーは男性のぼくのこと
アフターはスカート男性のぼくのこと

です。

ある地方都市のやりて女性市長が、市役所で男性のスカート通勤を推奨しはじめます。

考え方としては、スカートが男性と女性を区別する確固たる壁になっており、男性は絶対にスカートをはいてはいけないという、最も厳しい社会的戒律に生まれた時から束縛されてきた男性にとって、一度でも「境界線を越える」と、取り返しがつかなくなりますが、「男性は絶対にスカートをはいてはいけない」という社会的戒律が男性自身の自由を奪っているのではないかということです。

面白いことがどんどん起きる真実味のあるストーリーになっていておすすめです。